テーマ:富山大学

富山の薬膳料理

先日、当blogに「関西社会学会富山大学大会ランチマップ」(http://r-takayama.at.webry.info/201405/article_3.html)という記事を載せましたが、少し足をのばして、薬膳料理もおもしろいかもしれません。何と言っても、富山の配置薬業(薬の行商販売、とやまの置き薬)は、江戸時代からの300年の歴…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

タクシー観光が半額に!──コンベンションタクシーのご案内(関西社会学会富山大学大会参加者向け)

昨日、富山コンベンションビューローに行き、資料を入れるバッグや観光案内などをいただいてきました。その際、「コンベンションタクシー半額利用券」もあわせていただきました。 これは、コンベンションに参加するため、富山県外から来県されて、富山県内の宿泊施設で宿泊された方が、観光目的でタクシーを利用する場合に、タクシー料金が半額になる制度で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

関西社会学会富山大学大会ランチマップ

2014年5月24日(土)・25日(日)に開催される第65回関西社会学会大会に向けて、富山大学五福キャンパス周辺のお食事処の地図を作成しました。スマートフォンやタブレットPCなどでご活用ください。日曜日は、富山大学内の食堂と購買はお休みです。学外のお店をご利用ください。 PDFはこちら(127Kb) https://dl.d…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

シンポジウム「現代日本社会におけるナショナリズムとヘイト/フォビア」(富山大学2014年5月25日)

近年の日本では、ナショナリズムと結びついた排外主義的な傾向が強まっているように思われます。来る5月24日(土)・25日(日)に富山大学五福キャンパスで開かれる第65回関西社会学会大会では、こうした動向をテーマとする公開シンポジウムを開催いたします。 基調講演には、『ネットと愛国──在特会の闇を追いかけて』で第34回講談社ノンフィク…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

関西社会学会富山大学大会フロアマップ

来る2014年5月24日(土)・25日(日)の二日間にわたって富山大学五福キャンパス共通教育棟で開催される第65回関西社会学会大会について、どの研究報告がどの教室でおこなわれるかを示したフロアマップを以下に掲げます。スマートフォンやタブレットPCなどでご活用ください。 PDF版はこちら(513Kb)。 https…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

第65回関西社会学会大会(2014年5月24日・25日、富山大学五福キャンパス共通教育棟)

私が開催校の事務局長を務める第65回関西社会学会大会が、いよいよ1ヶ月後の5月24日(土)・25日(日)に迫ってまいりました。準備も本格化し、忙しくなってきました。 先週、関西社会学会のホームページに、大会プログラムが掲載されました。非会員の方でも参加できますので、興味深い研究報告がありましたら、ぜひご参加ください(参加費2000…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

CAPスペシャリスト養成講座基礎編(2013年8月2日・3日・4日、富山大学経済学部大会議室)

CAPとは、Child Assult Preventionの略で、「子どもへの暴力防止」という意味になります。小学校などを巡回して、子どもたちに、あらゆる暴力(いじめ、痴漢、虐待、誘拐、性暴力など)から身を守ることの大切さを伝える活動をしています。私も誘われて、だいぶ昔に一度参加したことがあります。 具体的には、まず、子どもたちに…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

2013年度「総合科目(現代の世界──時事的問題)」の集中講義日程

毎年、9月におこなっていた外部講師による「総合科目(現代の世界──時事的問題)」の集中講義ですが、今年は、6月と9月の日程にわかれて授業をおこないます。履修者のみなさんは、日程と教室をお間違えのないよう、お願いします。 <授業日程> 6月29日(土) 経済401講義室  2・3限 西野  4・5限 大野 6月30日(日) 経…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「社会調査士」資格制度について(案内)

富山大学経済学部の学生向けに、社会調査士の資格について、2013年度版の案内を作成しました。 社会調査士とは、一般社団法人社会調査協会が認定している資格で、別に試験を受けなくても、富山大学経済学部で開講されている指定科目の単位を取得することで、資格が認められます(要手数料)。 社会調査協会 http://jasr.or.j…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界都市論・都市アメニティ論(歴史的限定性2)──地域社会学I2013年2月1日

前回1月25日の授業で話したとおり、インナーシティ問題に悩んでいた先進国の大都市は、1990年代に入ると、人口増加に転じます。それに対して、世界都市論は、グローバル経済の成立にともない、多国籍化した大企業の中枢管理機能が大都市に集中したことが、先進国大都市に成長をもたらしたと説明します。中枢管理機能とは、世界各地に広がった生産拠点におい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

社会調査士申請に関する説明会(2013年2月6日)の配付資料

本日実施した「社会調査士申請に関する説明会」の配付資料を下記に置いておきますので、説明会を欠席された人はこの資料を参考に申請の手続きを進めてください。 「社会調査士申請に関する説明会」の配付資料 https://dl.dropbox.com/u/22647991/201302%E7%A4%BE%E4%BC%9A%E8%AA%BF…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

前産業型都市(歴史的限定性1)──地域社会学I2013年1月25日

1月25日と2月1日の授業では、都市社会学の原型を作ったシカゴ学派の歴史的限定性を考えます。あらゆる研究は、その研究がおこなわれた歴史的文脈や社会的背景の制約を受けています。シカゴ学派も例外ではありません。シカゴ学派が提出した概念やモデルは、こうした歴史的な限定性をもっています。 おおざっぱな歴史的区分をするために、テクノロジーと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

都市下位文化理論(人間関係3)──地域社会学I2013年1月11日

1月11日の授業の前半では、シカゴ学派社会学が示した都市の人間関係に対する批判と修正の最後として、C・S・フィッシャーの都市下位文化理論を取り上げました。フィッシャーは、地域の生活様式を規定するのは個人の属性であるという社会構成理論の主張を認めながらも、都市がもつ大規模で密度の高い人口には個人の属性に還元しきれない独自の効果があると考え…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

社会調査士申請に関する説明会(案内)──2013年2月6日(水)12時15分から

2013年3月に富山大学経済学部を卒業予定の人を対象に、社会調査士資格の申請に関する説明会を開催します。申請希望者は、原則、出席してください。 なお、「社会調査士(見込み)」の手続きをした人も、改めて社会調査士を取得するための申請手続きが必要になりますので、説明会に参加してください。 【資格申請要件】(以下の①と②の両方…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

コミュニティ解放論・社会構成理論(人間関係2)──地域社会学I2012年12月21日

12月21日の授業では、先週に引き続き、シカゴ学派社会学が示した都市の人間関係に対する批判と修正を見ていきました。先週のコミュニティ存続論の批判は、比較的単純なものです。コミュニティは失われたというシカゴ学派の主張に対して、コミュニティと呼べる人間関係を都市で見いだして、「ほら、都市においてもコミュニティは存続しているよ」という批判です…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

コミュニティ喪失論・コミュニティ存続論(人間関係1)──地域社会学I2012年12月14日

12月14日の授業から3回にわたって、都市の人間関係をめぐる議論を見ていきます。空間構造ではバージェスの同心円地帯モデルが批判の対象となっていましたが、人間関係ではワースのアーバニズム論が批判の対象となります。11月22日の授業で取り上げたように、ワースは論文「生活様式としてのアーバニズム」(1938年)で「都市では、異質性の高い大規模…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

社会文化生態学(空間構造2)──地域社会学I2012年12月7日

12月7日も、前回に引き続き都市の空間構造をめぐる議論を見ていきます。前回は、同心円・扇形・多核心という「形態」についての議論を見ましたが、今回は、そのような空間構造をもたらす「要因」についての議論です。なぜ同心円になるかと言うと、ごく簡単に言えば、人や企業の立地選択が、地価や家賃、住環境、中心地へのアクセスなどの関数だと考えられるから…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

扇形モデル・多核心モデル・東京圏の社会地図(空間構造1)──地域社会学I2012年11月30日

11月30日から、都市社会学の原型をつくったシカゴ学派への批判と修正というかたちで、授業を進めていきます。この批判と修正は、(1)空間構造、(2)人間関係、(3)歴史的限定性という3点に分けて見ていきます。今回11月30日は、空間構造に関する批判と修正1ということで、空間構造の「形態」に関する議論を取り上げました。ホイトの扇形(セクター…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

同心円地帯モデル・人間生態学・アーバニズム論(シカゴ学派3)──地域社会学I2012年11月22日

11月22日の授業では、シカゴ学派社会学による都市研究のまとめとして、E.W.バージェスの同心円地帯モデル、R.E.パークの人間生態学、L.ワースのアーバニズム論を取り上げました。前2回の授業で見ていったゾーボーやショウの研究が、地図作成やフィールドワークによる都市の具体的姿の「記述」と位置づけるならば、今回の授業は、その都市の具体的姿…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

ショウ『ジャック・ローラー』(シカゴ学派2)──地域社会学I2012年11月16日

11月16日の授業では、シカゴ学派による都市研究の2回目として、C・R・ショウ『ジャック・ローラー──ある非行少年自身の物語』(1930年)を取り上げました。この研究は、生活史法をもちいた非行研究の古典と言われる本ですが、生活史を都市空間のなかに位置づけて解釈するという点でも興味深い研究です。この研究の主人公であるスタンレー少年は、主に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゾーボー『ゴールド・コーストとスラム』(シカゴ学派1)──地域社会学I2012年11月9日

11月9日から、都市社会学の具体的な研究を見ていきます。最初に取り上げるのは、都市社会学の原型を作ったシカゴ学派社会学です。今回は、その典型例としてしばしば取り上げられるH・W・ゾーボー『ゴールド・コーストとスラム──シカゴのニア・ノース・サイドの社会学的研究』(1929年)を詳しく見ていきました。シカゴ学派社会学の研究方法は、さまざま…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

都市的環境の出現(1920年代のアメリカ)──地域社会学I2012年10月26日

10月26日の授業では、NHKスペシャル「映像の世紀 第3集 それはマンハッタンから始まった――噴き出した大衆社会の欲望が時代を動かした」(1995年5月20日放送)を見てもらいました。その意図は、村落的環境と対照的に位置づけられる都市的環境のイメージを作ってもらうことにあります。番組を見ていただければすぐに感じると思いますが、とにかく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

村落的環境から都市的環境への変化にともなう生活様式の変化──地域社会学I2012年10月19日

10月19日の授業では、ユイのような伝統的な村落で見られる相互扶助の人間関係が成立する条件を考えました。ユイのような人間関係が成り立つには、そこに住む人びとが同じようなライフスタイルをもち、何世代にわたってそこに住み続けることが必要です。すなわち、人口の同質性と定住性という村落的環境がなければ、成り立たない生活様式なのです。 近代…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

都市的環境の対照としての村落的環境(白川郷ユイ)──地域社会学I2012年10月12日

10月12日の授業では、村落的環境における生活様式のイメージをもってもらうために、NHKスペシャル「80年ぶりの大屋根ふき──白川郷『結』復活の記録」(2001年放送)という番組を見てもらいました。その上で、この番組の主題でもある「ユイ(結)」という相互扶助の仕組みについて解説しました。白川郷は、高速道路を使うと、富山大学から1時間30…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地域社会学Iの授業概要──地域社会学I2012年10月5日

富山大学では、10月2日から後期の授業が再開しました。後期は、地域社会学Iの講義を担当します。5日は初回でしたので、授業のねらいや進め方などの授業概要の話をしました。「都市的な環境が、どのように、人びとの生活様式(価値観や人間関係の形態など)に影響をあたえているのか」の理解を目標に、都市社会学の原型をつくったシカゴ学派の業績を紹介し、そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

グラノヴェター『転職』──社会学総論2012年7月25日

7月25日の授業では、質的調査と量的調査を併用した事例として、グラノヴェター『転職──ネットワークとキャリアの研究』(1974年)を紹介しました。わずか900ドルの経費で、男性の専門職・技術職・管理職の転職について調査したものです。半構造化インタビューと調査票調査(郵送法)の二つがもちいられています。その結果は「良い転職の話は、ある日突…
トラックバック:5
コメント:1

続きを読むread more

最終回まとめ──国際社会学I2012年7月24日

7月24日は、国際社会学Iの最終回でした。まとめということで、これまで14回の授業で重要と思われるところを再度確認していきました。授業で使ったパワーポイントのスライドをPDFにしましたので、復習用にご活用ください。 授業で何度か説明したように、成績評価はレポートでおこないます。レポートの課題は「授業の内容をふまえて、国際調査の困難…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

文献資料の探し方(国立国会図書館「リサーチ・ナビ」ほか)──入門ゼミ2012年6月12日

1年生向け演習の「入門ゼミナール」でおこなった「文献資料の探し方」について、配布資料をアップします。お勧めは、国立国会図書館が提供している「リサーチ・ナビ」です。国立国会図書館法によって、日本国内で発行されたすべての出版物を国会図書館に納入することが義務づけられています。これを「納本制度」と言います。したがって、国会図書館は、国内で発行…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

日本版総合的社会調査(JGSS)──社会学総論2012年7月20日

7月20日の授業では、調査票調査の実例その2ということで、大阪商業大学JGSS研究センターがおこなっている「日本版総合的社会調査」(Japanese General Social Survey; JGSS)(2000年~)を紹介しました。先週取り上げたSSMもJGSSも、全国規模の標本調査という点では共通しますが、調査目的のあり方が若干…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more