Evernoteでレポート作成実習6──地域社会学II2016年1月12日

スライド資料(PDF, 582kb)
https://1drv.ms/b/s!Au4k6YKQM1eZ91DHUU-ZoH-OH9wF



変更・注意点
• レポートの字数:4000字 → 1000字
• アイデアノートの数:50個 → 15個
• Internet Explorerでは、ノートリンクがうまく作成されないので、ブラウザーは、Firefoxを使うようにしてください


構成ノートの作成

工業製品を組み立てるようなイメージで書く
• 設計図を書く
• 構成ノートブックに、構成ノートを作成(11月26日・30日)
• 資材を集める
• 資料集ノートブックに、文献ノートを10個つくる(11月30日・12月7日)
• 部品をつくる
• アイデアノートブックに、アイデアノートを15個つくる(12月14日・21日)
• 部品を組み立てる
• 最初に作成した構成ノートに、アイデアノートのノートリンクを貼る(1月12日)
• 仕上げをする
• MS Wordで、レポートの文章を仕上げる(1月18日)



構成ノートにノートリンクを貼る
KJ法を、Evernoteの「構成ノート」上でおこなう

川喜田二郎『発想法』1967年
• KJ法
• データそれ自体に語らしめつつそれをどうして啓発的にまとめたらよいか・という願いから、新技法としてKJ法が考案された。ブレーン・ストーミング法に似ながら、問題提起、記録、分類、統合にいたる実技とその効用をのべる本書は、会議に調査に勉強に新しい着想をもたらす。
模造紙とEvernoteでの作業の対応
• Evernote: 「書くべき項目」
• 模造紙:「学生主体の行事」「能動的な授業」「学生の意識」「質」
• Evernote: 「アイデアノート」「文献ノート」
• 模造紙:アイデアが記入された「付せん」
• Evernote: ノートリンクを貼る
• 模造紙:付せんを貼る
• Evernote: 「書くべき項目」のグループ化
• 模造紙:「大学のグローバル化」「地域とのつながり」「学内での活動」

最初に作成した構成ノートの「書くべき項目」に、アイデアノートや文献ノートのノートリンクを貼る
• 大ざっぱな設計図から、きちんとした設計図へ
• 最終的には、論文の「序論」へとなっていく
• 最初の構成ノート(2015年11月30日に作成)に書かれていること
• 論文のタイトル、論文の「目的」「動機」「意義」などを記した短い文章、「書くべき項目」
• 「書くべき項目」を書くのに必要な情報が含まれている「アイデアノート」や「文献ノート」のノートリンクを、該当する「書くべき項目」のところに貼り付けていく

高山作成の「構成ノート」の公開リンク
https://www.evernote.com/shard/s18/sh/7da36206-274b-48a9-88e5-274dff71f8e7/5664464ba4f40eaf5de30c9ac2b67690

ノートリンク
• Evernoteのノートの間のリンク
• リンクをクリックすると、参照しているノートが表示される
• ノートリンクの役割
• 情報と情報を関連づける(メタ情報)
• 情報は、他の情報に関連づけられることで、新しい意味を生み出す

「書くべき項目」を書くためのノートの探し方
• 「アイデアノートブック」や「資料集ノートブック」に含まれるノートを順番に見ていく
• ノートブックの「オプション」を押して、ノートを「作成日」「更新日」「名前」で並び替えすると、探しやすい
• 「アイデアノートブック」や「資料集ノートブック」に含まれるノートをキーワードで検索する
• 検索したいノートブックを表示させ、虫眼鏡マークの検索ボタンを押し、キーワードを入力する

ノートリンクを貼った「書くべき項目」の見直し

「書くべき項目」の統廃合
• 各「書くべき項目」にノートリンクを貼る作業をしていると、ノートリンクの多い「書くべき項目」と、少ない「書くべき項目」が出てくる
• ノートリンクが多い場合
• 「書くべき項目」を分割する
• ノートリンクが少ない場合
• 「書くべき項目」を統合する(あるいは、その項目を書くのをやめる)

「書くべき項目」の順番を見直し、グループ化する
• 論文の「目的」「動機」「意義」などを記した短い文章を読み返しながら、どのような順番で「書くべき項目」を書いたら、読者が理解しやすいかを考えて、「書くべき項目」(とそれを書くためのノートリンク)の順番を入れ替えていく。
• 複数の「書くべき項目」を大きく括るグループが作れそうならば、グループ化してグループに名前をつける
• このグループが、論文の章や節になる



ノートリンクを貼って完成した「構成ノート」を高山へ提出する(1月19日〆切)
• 完成した構成ノートを表示させる
• レポート執筆者の名前と学籍番号を必ず記入する
• ノートの右上にある「共有▽」の「▽」をクリック
• 「メール」をクリック
• 「メールアドレス入力」欄に、「takayama@eco.u-toyama.ac.jp」と入力
• 「メッセージを追加」欄に、「地域社会学II20160112」と入力
• 入力し終えたら、「送信」ボタンをクリック





できるポケット Evernote 基本&活用ワザ 完全ガイド
インプレスジャパン
コグレマサト

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by できるポケット Evernote 基本&活用ワザ 完全ガイド の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



発想法 改版 - 創造性開発のために (中公新書)
中央公論新社
川喜田 二郎

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 発想法 改版 - 創造性開発のために (中公新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


"Evernoteでレポート作成実習6──地域社会学II2016年1月12日" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント