CAPスペシャリスト養成講座基礎編(2013年8月2日・3日・4日、富山大学経済学部大会議室)

CAPとは、Child Assult Preventionの略で、「子どもへの暴力防止」という意味になります。小学校などを巡回して、子どもたちに、あらゆる暴力(いじめ、痴漢、虐待、誘拐、性暴力など)から身を守ることの大切さを伝える活動をしています。私も誘われて、だいぶ昔に一度参加したことがあります。

具体的には、まず、子どもたちに、自分が「安心」「自信」「自由」を保障される権利をもっていることを伝えて、その後、暴力にあいそうな場面で実際にどう身を守るか、寸劇などを交えながら、学んでいきます。私が参加した時は、寸劇で、いじめられっ子の役をやりました。

養成講座の基礎編は、富山大学経済学部の7階大会議室で開かれ、学生はテキスト代のみで参加できるそうです。関心ある学生さんは、ぜひご参加ください。

また、7月6日(土)には、サンフォルテで、公開ワークショップも開かれるそうです。6日のワークショップに行ってみて、養成講座に参加するかどうか決めるのも良いかもしれません。


画像


画像

"CAPスペシャリスト養成講座基礎編(2013年8月2日・3日・4日、富山大学経済学部大会議室)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント