子どもの居場所フォーラム2012年(2012年3月20日富山市、富山YMCAフリースクール)

富山県のフリースクールの老舗である富山YMCAフリースクールから、「子どもの居場所フォーラム2012年~子どもの本音は子どもに聞こう~」というイベントのご案内をいただきました。フリースクールの生徒が、自分の不登校経験や考えを語ります。毎年、フリースクールを卒業するこの時期に合わせて開催されています。以前、私も参加させていただきました。

私が参加したときは、30人くらいのこじんまりとした会で、フォーラムと銘打ってありますが、とてもアットホームな雰囲気でした。そのぶん、生徒さんたちの本音が聴けて、とても興味深かった記憶があります。特に、不登校の子どもをかかえて不安に思っている保護者の方ならば、そうした子どもたちの声に励まされるのではないかと思います。いただいた案内にもありますが、「涙と笑い」のフォーラムです。みなさん、いい顔をされて、等身大の自分を語ってくれます。お勧めです。


富山YMCAフリースクール
http://www.ymcajapan.org/toyama/jp/freeschool/index.html


==========

実は毎年開いているフリースクールのフォーラムです。
不登校や高校中退の経験も含めて、今と未来を語ります。
涙と笑いのフォーラムにぜひいらしてください。
卒業生もね!


子どもの居場所フォーラム2012年
~子どもの本音は子どもに聞こう~

違いを認め合って生きていこうよ  
by富山YMCAフリースクール生徒たち

自分を大切だと思うこと、人を大切だと思うこと
自分が人と違うこと、人が自分と違うこと
これをみんなが認め合うことができれば、きっとステキな世の中になる
めったに聞けない子どもの本音をスクールのこどもたちがしゃべります


日 時: 2012年3月20日(火・祝日) 14時から16時ごろ
     Ⅰ部:パネルディスカッション by フリースクール生徒たち
     Ⅱ部:会場からの質問・メッセージ
会 場: 富山YMCA駅前センター6階フリーポート
      富山市桜町1-3-4 東洋ビル12
参加費: おとな500円/若者・こども 無料 

語る人
◎アンナ(19歳)学校に適応できなかったけど、高卒認定合格。仕事もゲット。社会に今適応中。
◎シホ(18歳):おわらの踊りとコスプレを両立。書家をめざし、新しい文化を創ります
◎ ユータ(20歳):白か黒、0か100,勤勉と怠惰の両極端の暮らしから「まあいいか」精神をやっと獲得。春から大学生だ!
◎ アサ(20歳):学校、家族いろんな問題を通り抜け、今自然体で生きています。4分の1の人生振り返り、春から北の大地でスタート!
◎ ハル(18歳):ノートのすみに描き続けてきたイラストを、昨年デイサービスの車庫のガレージにでっかく表現。言葉での表現もトライしてみる決意で臨みます
◎ ルカ(18歳):激しい頭痛で高校生活を断念。でも、いつもまっすぐ前向きに歩いていきます。
が出演予定。他にも生徒が飛び入り参加します。

司会
◎加藤愛理子:マジメ、完璧を目指したはずなのに、フリースクールの講師になったことから道を踏み外し、迷走中の50代。その上「マジメ、完璧は勘違い」と香野子所長に言われ、さらに迷走。
◎上村香野子:フリースクール所長。先生も生徒からも「かのこさ~ん」と頼られまくりの存在。誰もがかのこさんにおいしいものをプレゼントしたくなるのがフリースクールの7不思議のひとつ。


お問合せ・お申込先:富山YMCA駅前センター 
  電話:076(431)5588
  駐車場はないので近隣の有料駐車場にお願いします


==========


"子どもの居場所フォーラム2012年(2012年3月20日富山市、富山YMCAフリースクール)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント