エクセル2010の罫線が印刷できない

いつも便利に使わせてもらっている表計算ソフトのMicrosoft Excel 2010ですが、このたび「罫線が印刷できない」というトラブル見舞われました。罫線のない数表は、実に見づらいです。

何とかしようと、マイクロソフト社のホームページを見たり、ネットで検索してみたりしましたが、なかなか該当する症状が見当たりません。こういう作業は、実にエネルギーを消耗します。徒労感を覚えながらも、パソコンのOSがWindows 7になったので、それが原因かもしれないと思って、ノートパソコン(Windows Vista)のエクセル2010で試してみました。しかし、罫線が印刷されません。結局、その日は原因がわからずじまいで、お手上げ状態のまま数日放っておきました。

結論を言うと、罫線が印刷されない原因は、ウィンドウの色とデザインを「ハイコントラスト白」に設定していたことでした。「もしかして、ここか」と思い当たって設定を変更したら、見事「ビンゴ!」でした。

「ハイコントラスト白」にすると、パソコンの動作が軽くなり、さらに、ディスプレイの輝度を下げても文字が読めるようになります。こうした理由から、デスクトップ(Windows 7)とノート(Windows Vista)のどちらも、好んで「ハイコントラスト白」にしていました。これが裏目でした。Windowsのコントロールパネルで、デスクトップのテーマを「既定」に設定し直したら、無事、罫線が印刷されるようになりました。Excel 2010の問題ではなかったようです。

Windows XPでは「ハイコントラスト白」に設定していても、Excel 2010で罫線は印刷されていました。Vistaと7になってこの部分の仕様が変更されたようですね。明らかにプログラムのバグだと思うので、次回のアップデートでの改善を期待したいと思います。

「無事これ名馬」という言葉があります。パソコンもそれと同じで、処理が早い遅いよりも、まず「トラブルがない」がうれしいです。パソコンが「家電」となる日は、まだ先のようです。


"エクセル2010の罫線が印刷できない" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント