富山と名古屋の間の交通アクセス(高速バス、JR)──運賃・費用、移動・所要時間、感想など

富山と名古屋の間を移動することが多いので、運賃や所要時間などについてまとめてみました。現在の私のお勧めは「高速バス」です。2008年7月に東海北陸自動車道が全線開通して、自動車での移動が優位になりました。


<高速バス>

富山地方鉄道と名鉄バスが共同運行しています。富山駅前を出発し、富山I Cから北陸自動車道に入り、小矢部JCTから東海北陸自動車道を走ります。一宮JCTから名神自動車道に入り、一宮ICから名古屋高速道路に入って名古屋駅を目指します。

1日6往復で、富山駅前と名鉄バスセンター(名鉄名古屋駅3階)間の所要時間は3時間47分です。途中、ひるがの高原サービスエリアで、10分ほど休憩があります。

時刻表はこちら(富山地方鉄道HP)
http://www.chitetsu.co.jp/bus_b/nagoya.html

なによりも特筆すべきは運賃です。片道運賃は4500円ですが、4日間有効の往復運賃だと、なんと7200円になります。往復ですと、JRの運賃+特急料金のおよそ半額という破格の値段です。所要時間は、新幹線+しらさぎ号の場合よりも30分弱長いだけなので、この値段は魅力です。

バスの乗り心地は、まずまずです。高速道路の走行中はあまり揺れないので、読書やパソコン作業もできます。一部のバスには、各座席に電源コンセントがあり、携帯電話などの充電もできます。ただし、座席は、JR特急に比べると、やはり狭いです。前の人が座席のリクライニングを倒すと、けっこう圧迫感があります。座席が狭いので、私は通路側の席が好みです。トイレは、バスの最後部にあります。

高速バスが走る東海北陸自動車道は、トンネルが非常に多いです。10キロメートルもある飛騨トンネルもあります。そのため、車窓からの景色はあまり期待できません。トンネルが多いのですが、東海北陸道のトンネルは携帯電話の電波が入るようになっています。ただし、高速バス車内での通話は禁止されています。

乗車券は、インターネットで予約ができます。ネットで予約した後は、前日までに、コンビニの端末で乗車券の発行手続きして、運賃を払います。ネットとコンビニによるチケット発券は、かなり便利です。私は「発車オ~ライネット」というサイトを利用しています。

発車オ~ライネット
http://www.j-bus.co.jp

私は未経験ですが、冬場は少し心配です。東海北陸自動車道は、いちばん高いところで標高1000メートルを超えます。また、小矢部JCTと白鳥ICのあたりまでは暫定片側1車線です。万が一、雪や路面凍結でスリップ事故などが起きて通行止めになると、大幅に到着時間が遅れる可能性があります。

また、休日の夕方は、東海北陸自動車道から名神高速道路に入る一宮JCTの前で渋滞します。休日夕方に名古屋に到着する便に乗るときは、心の準備をしておいたほうが良いかもしれません。


私は利用したことがありませんが、JRが運行する「北陸ドリーム名古屋号」という夜行高速バスもあります。名古屋行きは、富山大学前を23時44分に出発して、名古屋駅に翌朝6時に到着します。運賃は片道4900円です。

北陸ドリーム名古屋号
http://www.jrtbinm.co.jp/highway/route/north_04.html


また、こちらも私は利用したことがありませんが、氷見・高岡・砺波・小矢部といった富山県西部から名古屋へは、イルカ交通が運行する「きときとライナー」という高速バスも利用できます(「きときと」は富山弁で「新鮮」の意味)。1日3往復だけですが、運賃が片道3500円(往復6500円)で、富山駅発着の高速バスより安くなっています。富山駅と高岡駅のJR運賃は320円なので、時間が合えば、高岡駅から高速バスに乗る手もあると思います。高岡駅南口と名古屋駅前(ミッドランドスクエアー)の所要時間は3時間40分です。

きときとライナー
http://www.yamato-tp.com/iruka/kitokito.html





<JR>

(1)特急しらさぎ号と新幹線ひかり号(米原駅乗換)、(2)特急しらさぎ号、(3)特急ひだ号、という3通りの方法があります。


(1)特急しらさぎ号と新幹線ひかり号(米原駅乗換)
しらさぎ号に乗って富山駅から北陸本線で米原駅まで行き、米原駅で新幹線に乗り換えて名古屋駅に向かいます。しらさぎ号と新幹線の接続は良く、約10分で接続します。富山駅と名古屋駅の所要時間は、およそ3時間15分です。公共交通機関では、この移動方法が最速だと思います。

片道の運賃と特急料金は8550円ですが、金券ショップで「名古屋指定席特急回数券(北陸指定席特急回数券)」をバラで買うと、片道6900円くらいに安くなります。この回数券は、しらさぎ号は指定席が予約できますが、新幹線は自由席にしか乗れません。新幹線はひかり号に乗ることになりますが、ひかり号の自由席は5両あるので、まず座れます。米原・名古屋間は20分ほどですので、もし座れなくても、それほど苦にはならないだろうと思います。

名古屋指定席特急回数券
http://tickets.jr-odekake.net/shohindb/view/consumer/tokutoku/detail.html?shnId=104090901

この回数券と同じような切符で、「名古屋往復割引きっぷ(北陸往復割引きっぷ)」というのもあります。新幹線の自由席としらさぎ号の指定席に乗れて、往復14600円です(6日間有効)。

名古屋往復割引きっぷ
http://tickets.jr-odekake.net/shohindb/view/consumer/tokutoku/detail.html?shnId=104090701

さらに、期間限定になりますが、乗車日7日前までに列車を予約できるときは、「名古屋早特往復きっぷ(富山早特往復きっぷ)」というのも使えます。この切符も、新幹線の自由席としらさぎ号の指定席に乗れて、往復12000円です(6日間有効)。

名古屋早特往復きっぷ
http://tickets.jr-odekake.net/shohindb/view/consumer/tokutoku/detail.html?shnId=111000332&uniquekey=13255bcda81

しらさぎ号の車両は、サンダーバード号などと同じ新しい車両で、とても乗り心地は良いです。高速バスに比べて座席と座席の間は広いですし、天井も高いので、開放感があります。各座席にはノートパソコンが載せられるテーブルがついています。ただし、電源コンセントは、各車両の最前列と最後列の合計8席に限られています。また、車内販売のワゴン車が回ってくるので、飲み物やお弁当などを買うことができます。


(2)特急しらさぎ号
片道の運賃と特急料金は8080円で、所要時間はおよそ3時間40分です。上記の「名古屋指定席特急回数券(北陸指定席特急回数券)」「名古屋往復割引きっぷ(北陸往復割引きっぷ)」「名古屋早特往復きっぷ(富山早特往復きっぷ)」は、米原駅で新幹線に乗り換えずに、そのまましらさぎ号で名古屋駅まで行くときも使えます。

富山駅と米原駅の所要時間は2時間40分ほどあります。米原駅に着く頃には、電車にも飽きています。料金が変わらないこともあるので、私はほとんど米原駅で新幹線に乗り換えます。ちなみに、しらさぎ号は米原駅で進行方向が変わるので、米原駅で乗客が座席を回転させます。

しらさぎ号には自由席が3両ありますので、指定券がなくても自由席に座れる確率は高いと思います。自由席に乗れば、指定料金500円が安くなります。ただし、米原駅と福井駅の間はけっこうこみます。金曜日の夜などは立っている人も多いので、富山行きに米原駅から乗車する場合は、指定券があったほうが安心です。


(3)特急ひだ号
富山駅を出発したひだ号は、高山本線を走り、岐阜駅から東海道本線に入って名古屋駅に向かいます。富山駅と名古屋駅の運賃と特急料金は片道7240円で、所要時間はおよそ4時間です。高山本線は単線です。また電化されていないので、車両はディーゼルカーです。上り坂では、あまりスピードが出ません。

所要時間も費用も高速バスにかなわないのですが、ひだ号の良さは「旅情」を味わえる点だと思います。高山本線は、飛騨川沿いを走っていますが、新緑や紅葉の景色はなかなかすばらしいです。ひだ号の車両は観光用で、かなり窓が広く、景色が楽しめるようになっています。乗客のほとんどは、高山や下呂の観光客です。お弁当を食べたり、おしゃべりしたり、みなさん、楽しそうです。ひだ号に乗るときは、お酒が必需品かもしれません。



参考になりましたでしょうか。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 46

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック