入門ゼミ20110510(他者紹介インタビュー)

今日の入門ゼミは、他者紹介の続きです。連休前に各班で考えてもらった5つの質問項目を使って、それぞれの班のなかでインタビューを実施してもらいました。

来週の入門ゼミでは、インタビューの結果を発表してもらう予定にしています。アウトプットの仕方をイメージできたほうが、インタビューもやりやすいだろうということで、今日の前半は、私のほうから発表用の配付資料について説明しました。説明内容は、「余白の設定」「写真の挿入」「スタイルの利用」など、主にMS Wordの操作法です。この資料を配付したうえで、口頭で他者紹介をしてもらう予定です。

また、私のほうから、インタビューの心得として、(1)要点や忘れやすいことがらをメモする、(2)積極的に話してもらうためにラポール(親密さ、信頼関係)を形成する、という2点について確認しました。


後半は、学生に、実際にインタビューをやってもらいました。10分程度で、インタビューの相手を替えてもらいます。学生はかなり緊張していたようすでした。

それも無理からぬ話です。60分のインタビューならば、最初の10分くらいは互いの緊張をほぐすためのウォーミングアップにあてられます。ようやく緊張がほどけた頃にインタビュー終了となる訳ですから、学生には気の毒でした。ラポールの形成を説明したところで、物理的に不可能でしたね。もうちょっと、時間に余裕をもってインタビューをやってもらったほうが良かったようです。次年度の反省材料です。


他者紹介発表用の配付資料の見本はこちら(PDF, 292Kb)
http://dl.dropbox.com/u/22647991/%E4%BB%96%E8%80%85%E7%B4%B9%E4%BB%8B%E9%85%8D%E4%BB%98%E8%B3%87%E6%96%99%E8%A6%8B%E6%9C%AC.pdf


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック